事業案内BUSINESS

業務WORK

東京水産運輸は2つの業務を柱としています

BUSINESS

TSUの役割世界第1位の農産物純輸入国である日本、このような背景から、日々様々な農産物が日本に運ばれ、また全国へ流れていきます。
「輸入」と一言で言いましても、海外から農産物が輸入されて我々コンシューマーへ届くのは簡単なことではありません。そこにはたくさんの方の協力や関わりがあります。また、何万トンという量の荷物が運ばれてくるので、「ストック」しておく物理的な場所も必要になります。「ストック」とはずばり、この物理的なストックをする場所がいわゆる冷凍(冷蔵・常温等)倉庫であり、その冷凍倉庫内において、輸入貨物の保管に必要な入庫作業、反対に保管していた荷物の出荷に関わる出庫作業など、リアルな倉庫作業の入り口と出口を担っているのが私たちです。
弊社では、種々ある農産物のうち、主として水産物や畜産物を保管している倉庫会社様の荷役作業を請負っています。